Read More

 

近年、新たなゲノム編集ツール、CRISPR/ Cas9が登場したことで、マウスのみならず、ラットにおいてもそれら技術の応用が期待されている。マウスにおいては、生殖工学技術の開発・改良が進み、それら技術が遺伝子改変マウスの作製・保存・供給等に大きく貢献しているが、ゲノム編集への応用技術や産子を得るための胚移植技術等の更なる改良が必須である。一方、ラットにおいては、種々の生殖工学技術の開発は遅々として進んでおらず、基本的技術である過剰排卵法やそれら卵子を用いた効率的な体外受精法の確立も成されていないのが現状である。さらに、体外受精により得られた受精卵や胚、また、数的に最も有利な精子の凍結保存法も、未だ確立の域に達していない。

本共同研究分野は、マウスおよびラットに関する過剰排卵法、体外受精、胚・精子の凍結および冷蔵保存などの生殖工学技術の更なる改良、また新規技術の開発を行うとともに、それらの方法を用いて凍結保存した胚・精子の生存性や質の安定性などを経時的に測定することで、これらの改良技術および新規技術を開発することを目的とする。

Kumamoto University, kumamoto, Japan